【YOLOv8】 git clone、pip install でのインストール

画像認識AI YOLOv8解説シリーズ目次


目次

YOLOv8 インストール

単に利用するだけであれば、以下のようにしてPyPIからpip installすれば使えます。

pip install ultralytics

Google Colabにgit cloneしてインストールしてみます。

!git clone https://github.com/ultralytics/ultralytics.git

%cd /content/ultralytics
!pip install -e .

# 確認
!pip list
#実行してみる
from ultralytics import YOLO

# 公式モデルがダウンロードされ読み込まれる
model = YOLO("yolov8n.pt")

# URLをダイレクトに記載可能
results = model("https://ultralytics.com/images/bus.jpg")
print(results)

手元のPCではサイズの小さいモデルを利用して処理を組んで、実行だけGoogle Colabを利用するというのが良いかも知れません。

ただ、YOLOv8.2が TPU v2ランタイム に向いていないのか、処理に時間がかかってしまいました。
ハイメモリの A100、もしくはハイメモリ L4を使用するのが良いかも知れません。

指定可能な読み込めるメディアについて

YouTubeや画像など、以下のようなメディアを指定することができます。
ほかにも色々なフォーマットのデータを読み込むことができるので、公式サイトをご確認ください。
https://docs.ultralytics.com/modes/predict/#inference-sources

種類引数の例型(書式)備考
画像'image.jpg'str or Path画像ひとつだけ指定
URL'https://ultralytics.com/images/bus.jpg'strURLを指定すると不思議な力でデータを取ってくる
動画'video.mp4'str or Path映像ひとつだけ指定
フォルダ'path/'str or Pathフォルダごと指定
globデータ'path/*.jpg'strワイルドカードを付けて、特定の名前のファイルだけ処理するときの指定
YouTube'https://youtu.be/LNwODJXcvt4'str不思議な力でデータを取ってくる
ストリームデータ'rtsp://example.com/media.mp4'strRTSP, RTMP, TCP, IP addressがストリームデータとして指定可能
マルチストリームデータ'list.streams'str or Path*.streamsフォーマットのテキストファイルを用意してそれを指定

Google Colabでのメディアの扱いについて

ブラウザにドラッグ&ドロップしてファイルを投げ込んだり、ダウンロードをすると時間がかかります。
そんなときはGoogle Colab と Google Driveを繋げ、Google Drive経由でスピーディにファイルアップロードしたりダウンロードしたりすることができます。

以下の2行を実行することで、Google Driveを繋げることができます。(マウントできます)

from google.colab import drive
drive.mount('/content/drive')

Google Colabのファイル一覧パネル上でファイルを移動させることで、Google Driveにファイルを移動させることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次